Author Archive

損害保険料率算出機構の決定

損害保険会社が会員として加盟している損害保険料率算出機構は、会社の枠にとらわれない公平中立な組織として、おもに自動車保険の保険料を決定する上での基礎データとなる「参考純率」の算出と各社への提供、自賠責保険の損害調査などを中心とした事業を行っています。
この機構では、自動車保険の加入状況や、保険金支払い対象となった事故のデータを分析するなどして、最近では2014年にもこの「参考純率」の引き上げを行うなどしています。当然ながら、自動車保険の保険料そのものは損害保険各社が独自に決定するものですが、この「参考純率」引き上げを受けて、各社でも同様に保険料を引き挙げるケースが増えています。
なぜ最近「参考純率」を引き上げざるを得なくなったかといえば、実は我が国の少子高齢化が大きく関係しています。少子化によって若者の数じたいが減っているほか、「若者の車離れ」とよばれる現象がみられるようになり、自動車保険の保険料を新たに負担する人も次第に減ってきています。いっぽうにおいて、「団塊の世代」のような車に乗る高齢者層は増大し、事故のリスクも高くなっていることから、保険金の支払いもそれに連れて増えているという状況があるためです。

高齢ドライバーの増加

任意保険料が上昇傾向にあります。任意保険料は年齢や車種によって国内であれば統一された基準で設定されています。これまでは一定に保たれていた保険料ですが、さまざまな要員もあり、値上げに踏み切った保険会社が多くなっています。値上げの一員としてあげられているのが高齢ドライバーの増加です。高年齢とは75歳以上のドライバーを意味することが多く、日本の社会が高年齢化していくのに合わせてドライバーも平均年齢が上がってきています。また、若年層のドライバーが減少傾向にあるのに対して増加傾向にあるのも特徴です。高年齢ドライバーの問題は身体の衰えによる不注意です。高年齢ドライバーは運転歴が長いことが多く、安全運転をするドライバーが多い傾向がありますが、急速に増える事故の要員として不注意、注意散漫があります。人間は高年齢化によって注意力が下がる傾向があり、運転中にも避けられた不測の事態を避けられない高年齢ドライバーが多いのです。また、肉体的な問題ではなく、そもそも運転時に車の挙動を把握できてないドライバーも多いのが問題です。ただし、徐々に身体が衰えることや、車の進化で運転しやすくなっていることもあり、運転が難しくなっていることに気づかない高年齢ドライバーが多いのが問題です

保険会社の収支バランスが取れない

自動車保険を利用するにあたって気になるのが、
保険料が年々上がっていることです。
利用者にとっては少しでも安くあって欲しい保険料ですが、
どうして値上げが避けられないのでしょうか?

第一の理由は、保険加入者の高齢化により事故率が上がっていることにあります。
そのため、保険金の支払い額が増加している現状があるのです。

第二の理由としては、都会を中心に自家用車を所有する人が
年々減少していることです。
特に若年層においては、車離れの状況が顕著です。
そもそも車を持つ人が少なければ、保険料収入も減ってしまいます。

高齢者を中心に増加する事故率と、減少する保険料収入のため、
保険会社の収支バランスがとれないという現状があるのです。

もちろん会社側も経営コスト削減を行ったり、
少しでも保険料を安くする工夫も行っていますが、それでも収支バランスがとれない状況なのです。

しかしだからといって自動車保険に加入しないというのは、
危険極まりないことです。
会社の収支バランスの悪化により保険料が高くなっている現状も確かにありますが、
会社同士の競争原理も働き、お得な保険が増えている現状もあるのです。

インターネットを利用して情報をうまく収集し、
少しでも保険料が安く補償内容も充実した自動車保険を探して加入するのが大切といえます。

自動車保険料の値上げの背景

自動車保険料の値上げの傾向が強くなってきています。特に自賠責保険料の値上げが目立っています。値上げの背景には事故率の悪化と高齢化が主な原因と言われています。車の保有率は年々下がってきていますが、運転している人口は余り減っていません。ただし、事故を起こした際の被害の大きさは年々ひどくなる傾向にあり、保険金の支払も増加傾向です。また、日本は高齢化が進んでいますが、運転手の高齢化も進んでいます。現在の車は安全装備、運転しやすい装備が充実していますが、身体の衰えにはなかなかサポートできていないこともあり、高齢者の事故が急速に増えている状態です。また、都心をのぞく地域では公共交通がうまく作用していない地域も多く、高齢者の移動の脚が自家用車という地域も多く、70歳を越えた方でも運転する方が多くなっていることもあり、高齢者の交通事故に歯止めがかかっていません。また、スピードが早過ぎる等の無謀事故は減少するのに、不注意による事故が増えるのも特徴です。そのため、自賠責保険を含めた自動車関連の保険の多くは年齢に合わせた保険料にし、これまで少なめに設定されていた高齢者向けの保険料の見直しが行われてきています。

加入者が工夫すれば保険料は抑えられる!

加入者の工夫というのは、ずばり様々なことを知ることが必須となる。様々なことを知った上で、どれが一番自分に合うのか分析し、決めることによって保険料が抑えられるのです。それが、工夫であります。例えばアメリカンホームダイレクトでは、「リスク分散型」によって、保険料が合理的になるのです。どういうことかというと、事故に遭うリスクをより細かく分類し、ひとりひとりにあった保険料を算出してくれるのです。三井ダイレクト損保では初年登録年月から起算して25ヶ月以内の場合の新車割引があります。さらには、ハイブリット車か電気自動車で初年登録年月から起算して13ヶ月以内の場合のECO割引というものもあります。eサービス(証券不発行)特約を選ぶことによって、500円割引されるというメリットもあります。アクサダイレクトでは、ゴールド免許の場合や、休日ドライバーの方、ほとんど近場にしか行かないなどにより年間走行距離が短い方の保険料が安くなるように設定されています。このように、各社がそれぞれ様々なプランを用意しているため、複雑であり、迷ってしまいますが、ここでしっかり情報を集めた上で分析して決めることこそが、工夫であります。

なぜ加入者が負担する必要がある?

保険会社が保険料を一斉値上げをして維持費が大幅アップとなったことで、加入者の負担が大きくなりました。
加入している人の負担が大きくなったことで不満も大きくなったと言え、より、保険料がお値打ちな保険会社に乗り換える人も少なくはありません。
ここ数年、保険という概念に安さを求める人が多くなり、本来の保険の概念とずれが生じてきた感があります。
インターネットで加入する人が多くなると、対面販売の保険商品と大きくコストが違うため、ネット加入の場合、支払う掛け金の値下げが可能となったことが損保にもお客獲得のための競争原理が働き、互いに価格を下げ合うことでシェアを拡大してきました。
このことで、対面での保険商品からダイレクト通販型と呼ばれる保険に切り替える人が増え、大きな節約となったのですが、様々な支障も出ています。
保険という概念は元々多くの人が加入して、不測の事態に支え合うということが必然化し、それについてはシェア拡大は良いのですが、掛け金がどんどんと低くなれば拡大したシェアを支えることが出来なくなりサービスや質が落ち込みます。
しかも 、近年になって車両保険の利用者が急激に増え、シェア拡大がもたらした結果、負担が増えたのですが、元々の考え方に戻したと言えるのでしょう。

自賠責保険も保険料アップ!

しっかりと加入を求められるのが自賠責保険です。
この保険に掛る保険料も、最近かなり値上げされてしまいました。

平成25年の4月より金融庁から値上げが決定され、平均で13%以上もの値上げが決定されてしまったのです。
具体的な金額としては、これまで強制保険に掛る料金は2万4950円だったのに対して、4月からは2万7840円と大幅に値上げされたのです。

自賠責は強制保険とも言われており、加入が義務付けられています。
そのため、この保険に掛る料金は安くしてもらう事も出来ませんし、回避する事も出来ません。
そのため、節約などが効かない保険になるのです。

自賠責で保険料が上がった分、別の任意保険や車両保険などで見直しを図る必要があるでしょう。
もちろん、家計に余裕があればそのままの状態で支払いを続けてもOKですが、家計的に厳しいという所はなるべく任意保険などの面で内容変更したり保険の契約先を変えるなどして安い所に乗り換える必要があるでしょう。

このように、自賠責は昨今、かなり値上げされた保健です。
支払いがきついという方は別の保険で内容に見直しをしたり契約先を変更するなどして乗り換える必要があるでしょう。
しっかりと安い所に乗り換えて負担を軽くしていきましょう。

大手損保各社が2011年4月から値上げしていた

皆さんは自動車保険に加入していますか、自動車保険は今や加入が当たり前の時代となり、自賠責保険と同様に運転者であれば加入がほぼ義務のような形になっています。確かに今や、自動車の台数が増え、一家に一台というのが当然になった時代です。それにより自動車事故が増えたりもしています。そのような状況下故に、自動車保険の加入は自動車に携わる事業をしているところは加入がほぼ当たり前になっています。あなたは自動車の保険会社を選ぶ時にどのような会社を選定しますか、大手はバンバンとテレビCMやパソコンによるインターネット上に刻々を挙げています。それらの大手でもこの4勝からは保険料を上げていたそうです。年にすると40634円の金額が上がったことになります。消費税導入により自動車に関わる事業の多くが値上げを強行しています。これまではサービスの概念で増税を自分たちで見る傾向がありましたが、ガソリン高騰、ドライバー不足なども重なり事故率が上昇する状態のため、輸送条件を含め、業界的にはあまりいい状態とは言えません、それ故に保険業界も関連費用の高騰を警戒して値上げに踏み切ったものと思われます。業界のリーダーが値上げに踏み切ったことにより各零細、中小も一斉に値上げを始めました。

保険会社一斉値上げで維持費が大幅アップ?

自動車を所有する上ではさまざまな維持費がかかります。自動車税や自動車取得税などの税金、車検や定期点検のための費用、そして事故を起こした際の頼みの綱となる自動車保険の保険料もそのなかの大きなウエイトを占めています。
最近では2011年に各保険会社が自動車保険の任意保険の保険料をいっせいに値上げするというニュースで話題となりました。任意保険だけではなく、国が管掌する自賠責保険についても2か年にわけて段階的にではありますがアップすることが決定され、自動車のオーナーにとってはダブルパンチとなっています。
こうした状況は、自動車保険の運営が年々厳しくなっていることと無関係ではありません。特に、我が国の人口ピラミッドのなかでも突出した世代である「団塊の世代」が大量退職の時期を迎え、高齢のドライバーが増えているために、重大事故に伴う被害の補償のための保険金の支出が増えているといった事情があります。加えて、新しく車社会の仲間入りをするはずの若者の数は減少しているため、保険料収入が以前よりも少なくなっているということもあります。
この傾向は今後とも継続することから、ますます保険料の負担は増えることになりそうです。