加入者が工夫すれば保険料は抑えられる!

加入者の工夫というのは、ずばり様々なことを知ることが必須となる。様々なことを知った上で、どれが一番自分に合うのか分析し、決めることによって保険料が抑えられるのです。それが、工夫であります。例えばアメリカンホームダイレクトでは、「リスク分散型」によって、保険料が合理的になるのです。どういうことかというと、事故に遭うリスクをより細かく分類し、ひとりひとりにあった保険料を算出してくれるのです。三井ダイレクト損保では初年登録年月から起算して25ヶ月以内の場合の新車割引があります。さらには、ハイブリット車か電気自動車で初年登録年月から起算して13ヶ月以内の場合のECO割引というものもあります。eサービス(証券不発行)特約を選ぶことによって、500円割引されるというメリットもあります。アクサダイレクトでは、ゴールド免許の場合や、休日ドライバーの方、ほとんど近場にしか行かないなどにより年間走行距離が短い方の保険料が安くなるように設定されています。このように、各社がそれぞれ様々なプランを用意しているため、複雑であり、迷ってしまいますが、ここでしっかり情報を集めた上で分析して決めることこそが、工夫であります。

コメントは受け付けていません。