高齢ドライバーの増加

任意保険料が上昇傾向にあります。任意保険料は年齢や車種によって国内であれば統一された基準で設定されています。これまでは一定に保たれていた保険料ですが、さまざまな要員もあり、値上げに踏み切った保険会社が多くなっています。値上げの一員としてあげられているのが高齢ドライバーの増加です。高年齢とは75歳以上のドライバーを意味することが多く、日本の社会が高年齢化していくのに合わせてドライバーも平均年齢が上がってきています。また、若年層のドライバーが減少傾向にあるのに対して増加傾向にあるのも特徴です。高年齢ドライバーの問題は身体の衰えによる不注意です。高年齢ドライバーは運転歴が長いことが多く、安全運転をするドライバーが多い傾向がありますが、急速に増える事故の要員として不注意、注意散漫があります。人間は高年齢化によって注意力が下がる傾向があり、運転中にも避けられた不測の事態を避けられない高年齢ドライバーが多いのです。また、肉体的な問題ではなく、そもそも運転時に車の挙動を把握できてないドライバーも多いのが問題です。ただし、徐々に身体が衰えることや、車の進化で運転しやすくなっていることもあり、運転が難しくなっていることに気づかない高年齢ドライバーが多いのが問題です

コメントは受け付けていません。