大手損保各社が2011年4月から値上げしていた

皆さんは自動車保険に加入していますか、自動車保険は今や加入が当たり前の時代となり、自賠責保険と同様に運転者であれば加入がほぼ義務のような形になっています。確かに今や、自動車の台数が増え、一家に一台というのが当然になった時代です。それにより自動車事故が増えたりもしています。そのような状況下故に、自動車保険の加入は自動車に携わる事業をしているところは加入がほぼ当たり前になっています。あなたは自動車の保険会社を選ぶ時にどのような会社を選定しますか、大手はバンバンとテレビCMやパソコンによるインターネット上に刻々を挙げています。それらの大手でもこの4勝からは保険料を上げていたそうです。年にすると40634円の金額が上がったことになります。消費税導入により自動車に関わる事業の多くが値上げを強行しています。これまではサービスの概念で増税を自分たちで見る傾向がありましたが、ガソリン高騰、ドライバー不足なども重なり事故率が上昇する状態のため、輸送条件を含め、業界的にはあまりいい状態とは言えません、それ故に保険業界も関連費用の高騰を警戒して値上げに踏み切ったものと思われます。業界のリーダーが値上げに踏み切ったことにより各零細、中小も一斉に値上げを始めました。

コメントは受け付けていません。